スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

世界のクロサワの一喝

あるスポーツ紙に載ってました。

「世界のクロサワ」こと黒澤明監督(故人)「日本アカデミー賞」辞退は映画界に大きな波紋を広げた。

今から34年前の1980年の12月23日、「第4回日本アカデミー賞」優秀賞(ノミネート)が発表された。

その中にカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「影武者」が含まれていなかったからである。

映画関係者によると「影武者」は主演男優賞で仲代達也、助演男優賞で山﨑努、大滝秀治らがノミネートされていた。

と話していて、俳優陣も黒澤監督と歩調を合わせてた。

とも話している。

問題を大きくしたのは協会側が差し出した「公開質問状」だったという。

協会側は、「影武者」の俳優やスタッフに辞退を勧告したと伝聞してるといった内容の質問状を送ったとも映画関係者は話している。

翌年1981年1月12日に東宝撮影所で記者会見を行った黒澤監督

「事を穏便に済ませてそうと思うから、事前にノミネートを辞退するという細かい配慮をしてるのに、こういうことをされちゃ怒らざるを得ないですよ。話をしていると、だんだん腹が立ってきて・・・・」

「日本アカデミー賞」の批判をはじめた。

「強制したなんてこれは犯罪でしょう。全くそんな事実はないし、大きな問題でね黙ってるわけにはいかないでしょう。はらわたが煮えくり返る思いだよ。だいたい日本アカデミー賞はおかしい。

と話していた。

アメリカには映画芸術科学アカデミーというのがありそこが主催してる映画賞がある。

アカデミーをつけるのは問題があると一喝したようだ。

続きます。
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

アカデミー賞

黒澤監督にもお考えがあったのですね。
これは難しい問題です。

No title

アリスさん、今思うとそうですね。
 
プロフィール

マイベイ

Author:マイベイ
マイベイが色んな事を話すブログです。
写真もあります。
Twitterもフォローしてください。
ID MaiBei816

Pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=5144169

リンクフリーですので気軽にリンクしてください。

コメントは承認制なのでご了承ください。
(害するコメントなどは削除する場合があります)




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。