お互いに返す

ある新聞紙の記事から「愚痴から生まれる絆」というタイトルがありました。

ダイバーシティ・コンサルタント・渥美由喜(なおき)は最初の育休時、渥美氏の頭の中がビジネスモード全開のまま、突然地域社会に突入してしまった。

渥美氏

「男性はたいていそういうので大失敗しているのだが私も大失敗した」

ある時公園で母親たちと輪になって話してると、

ある母親

「夫は仕事、仕事で毎日、深夜になっても帰ってこない。本当に仕事してるのかしら?もしかしたら女を作ったんじゃないかしら・・・・私はどうすればいいのかしら?」

と話していた。

これはよくある話です。

話は戻りますが、渥美氏は

「今になれば、最後の言葉は別に誰かに投げかけたというよりは、つぶやきみたいなもん」

と話している。

渥美氏は「いまおっしゃったお悩みには、課題が三つあって。一つ目の課題には、たぶん対応策が二つあって・・・・」

とコンサルモード全開だったという。

当然、母親たちはドン引きだったようだ。

傾聴作戦に切り替えて彼女たちの会話を聞くことに。

渥美氏は

「なるほど、そういうことか!」

と気がついたという。

「愚痴を言われたら、愚痴で返す」

のが礼儀だそうです。

意外にできませんよね。

しかし、不思議なことに愚痴を交換しているうちに、強い連帯感が生まれた。

私たちではできません。

スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

愚痴

お互いに愚痴を言い合ってる人達ならよくいますね。
言っても解決にはならない。
でも溜め込むよりは吐き出した方がいいでしょう。

No title

アリスさん、そうですね。
ため込むのは確かによくありませんね。
 
プロフィール

マイベイ

Author:マイベイ
マイベイが色んな事を話すブログです。
写真もあります。
Twitterもフォローしてください。
ID MaiBei816

Pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=5144169

リンクフリーですので気軽にリンクしてください。

コメントは承認制なのでご了承ください。
(害するコメントなどは削除する場合があります)




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR